2009年06月19日

指宿を歩けば

旬の紫陽花や、季節を先取りした向日葵、そしてハイビスカスが咲き乱れるのは、指宿が南国だからである。
午後になり、一時垂れ込めた雲も直に快復した。
小鳥のさえずりや、時折響く牛舎の牛の鳴き声を背に、農道を奥へ奥へ。
すると、名もなき花園があった。
もっと奥へ分け入ると、やがて海へ到達するのである。

http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200906/19/03/d0130303_17352214.jpg#
http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200906/19/03/d0130303_18202556.jpg#
http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200906/19/03/d0130303_1821299.jpg#
http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200906/19/03/d0130303_18215090.jpg#


posted by テイト at 18:29| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。