2009年08月19日

アメリカ映画の宣伝だったようだ。セーヌを跨ぐイエナ橋へエッフェル塔が倒壊するシーンを見かけたのは朝のテレビである。馴染みのパリの光景ということもあり、映画とはいえ破壊を忌諱する我が感性に気付く。

寒暖差の激しい8月のパリはヴァカンスで静まり返っているはずだ。
時折、酔っぱらいの嘆きがこだまするくらいで、メトロも閑散としている。

北駅と東駅は共に10区にあり、ラファイエット通りを挟み隣接しているが、北に向かいたければ北駅(Gare du Nord)から、東に行きたければ東駅(Gare de l'Est)から汽車に飛び乗れば良い。

そう言えば、久しく旅をしていない。


*写真は下記で。
http://ameblo.jp/site-tate-tale/entry-10324085538.html


posted by テイト at 15:57| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。