2010年03月16日

出番を待ちながら

咳で目覚めたのは、夜明けにはまだ間がある午前4時である。
お茶をいれ、カーテンを開けると、コーラの自動販売機が煌々と照らす路上に、箱座りする子猫が一匹。新聞配達のバイクに驚いて暁闇に逃げ込んだ。

折角の早起きに意義をもたせようと、ノエル・カワードの戯曲『出番を待ちながら』に目を通す。
一幕目を読み終えたところで、茶を啜っていると、窓明かりにつられたのだろう、先ほどの子猫がこちらを覗き込んでいる。
出番を待つかのように前足が一歩出ている。なかなか魅力的な俳優である。


posted by テイト at 08:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。