2010年05月23日

ジョルジュ・ブラッサンス公園

Twitterの背景を、パリ15区のジョルジュ・ブラッサンス公園の写真に替えた。
http://twitter.com/tateyama_h

パリの公園には、ポニーやロバがつながれていることがあるが、子どもを乗せて公園を一周するためである。料金は1ユーロだったと記憶している。
樹木は、夏に大きな木陰が出来るよう、冬の間に剪定される。

http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=201005/23/03/d0130303_19361589.jpg#


posted by テイト at 19:40| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます♪
ジョルジュ・ブラッサンス公園というところがあったのですね!
私も大好きなシャンソン歌手です
知人のフォークシンガーに、敬愛する金子光晴の詩とこの方の曲を合体させて、素晴らしいオマージュの曲を作った人もいます
フランス人に愛された歌手だとは訊いていましたが、公園まであるなんて驚きました
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年05月25日 10:46
マロニエのこみち・・・。さん

ジョルジュ・ブラッサンス公園は家畜市場跡。
日曜日は古書市が開かれます。
また、ブドウ畑があり、ワインが作られていることは知る人ぞ知る。
オペラ座の蜂蜜同様、パリの知られざる一品です。
Posted by テイト at 2010年05月26日 07:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。