2010年07月14日

『深夜の市長』鹿児島篇

目が覚めてしまった。昔風に言えば、丑三つ時だ。

こんな時間に起き出すと、20年ほど前に住んでいた、東京は中央区日本橋人形町の図書館で借りた、海野十三という作家の『深夜の市長』という小説を思い出す。

日中の喧噪が嘘のような、ただナトリウムランプの街灯が連なる、ロイヤルパークホテルから小伝馬町へ続く誰もいない深夜の水天宮通りを安酒片手に歩くと、街の支配者になったかのように、気分が良くなったものである。
まさに『深夜の市長』であった。

鹿児島は、蛍光灯の街灯下で縄張り争いをする野良猫の奇声以外は何も聞こえぬ、クーラーいらずの涼しい夜である


posted by テイト at 03:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。